2019/09/20

四季を追う旬体感・手長エビ掬い


 今シーズン初めて手長エビ掬いに行きました。
 今までなら(昨年までなら) 2~3時間も掬えば40や50は簡単に掬えました。 京都・宇治川へGO----  【R1年9月18日】
 まあ
 今回も簡単にそれくらいは掬えるだろうと 高をくくっていた。
 。。。。
 気合を入れて現地へは明るい内に到着です。
 まずは カメラアングルを探して 掬う場所は以下 こんな所 ↓↓
P1060946.jpg
 掬うポイント川原をアップ ↓↓
P1060948.jpg
 まだまだ暗く成るまでは時間が有るので
 その辺をウロウローーー。
 藪の木に絡まってクズの花が咲いてます。 このクズの花も天ぷらに美味しい食材です。↓↓
 道端や垣根、ヤブの中など 木に絡まってグングン伸びます。
 至る所、何処にでも見かける ツル性で、藪を形成します。P1060950.jpg
P1060951.jpg
P1060955.jpg
 。。。。。
 適当に時間をつぶして
 PM6時30分、用意します。
 頭にヘッドランプ。手持ちのブクブクに、絶対必要の専用掬い網二個。
P1000568 手長エビ掬い専用網
 河原へ降りて ゴロタ石を歩きます。
 さあ 目指すはこんなのーーー。
      昨年の8月に掬った画像です。↓↓ 50匹ばかり入って居ます。
      今日もこれくらいは 軽ぁーるい と、気持ちはいさんで居たけどーー。
P1030665 (1)、2018、8月5日の手長エビ掬い
 昨日に確認した放水量からしたら かなり水位が減っている感じ。
 水辺を歩くと 見えるはずの手長エビが見えません。
 探せど 一向に見つかりません。
 なんやらオカシイーー。
 15分も経ってやっと一匹見つけたけど、ちいさいなぁーーー。だ!!。

 スジエビなら 
 今までなら 幾らでも見えたけど、これとて少ない。
                      少な過ぎる。
 PM7時40分、今日はあきらめました。納網です。
 過去5年間で 一番アカン 掬い果です。
      ザリガニ2匹に小さいテナガエビ4匹、スジエビ10匹程です。
P1060965.jpg
 天ヶ瀬ダムからの放水量が極端に減って居ます。
 普段なら 手長エビがそこらへんをうろついているだろう 水深20㎝位の所が
 今は干上がって居て、全然アキマセン。
 こんな光景がそこかしこで 見えます。
P1060960.jpg
P1060963.jpg
P1060964.jpg
 何日か前までは ↑↑  ここでアユがバンバンコケを食んでいたであろう 
 石も干上がって居る。
 アユもどこかへ消えた。
 手長もどこかへ消えたのか??、悪い年周りなのか??、分かりません。  
 。。。。。。。
 手長エビ掬いはこれにて 今シーズンは終わります。
 これからは
 名残りのウナギ釣りと 神戸方面の岸壁釣りに
 シフトチェンジです。
 そろそろ太刀魚の釣果も聞こえて来ます。
 
       
スポンサーサイト



2019/09/17

四季を追う旬体感・手長エビを食いたい

続きを読む

2019/09/16

ブログに訪問者カウンター設置

 ブログ上のサイドバーに 12日に登録を済ませてアクセスカウンターを
 設置した。↓↓  これで訪問者数のカウンターが読める。
 赤丸内は累計数字だが、訪問者数宇の上にポインターを載せるとその日のその時の訪問者数がグラフと数字で
 表せられる。
 ページビューも同様だ!!
キャプチャ アクセスカウンター
 再びfc2の管理画面を開いて、↓↓
 簡易モードの並びの右側に(画面上では右側に字が隠れて居るけどーー
 ”マイサービス”が有る。
 ”マイサービス”上にポインターを載せると
キャプチャ fs2ブログの管理画面(2)
 ↓↓ の枠が出る
キャプチャ
 とりあえず カウンターを選んでクリックしてみよう
キャプチャ fc2カウンター
 訪問者数の保存の右側(画面が隠れて居るけど)↑↑の、解析をクリックすると ↓↓のグラフ画像に画面が変わる。
キャプチャ fc2カウンター、訪問者数グラフ
 ここでは
 時間別訪問者、日別訪問者、月別訪問者集計まで分かるように成っている。

 。。。。。。
 ブログを書くものにとって 自分のブログに訪問者が増えることは励みに成りますね。
 カウンター設置でそれが分かる。

 ヤフーブログではカウンターは標準設置で有ったのでなにも感じなかったが、fc2ブログでは
 自分で設置(カスタマイズ)することに成る。
 コンピーユーター素人には少々難解だが、その難解差がクリア出来たら面白くなって来る。

 fc2ブログにブログを書く御仁数が業界一位だと 聞いたことが有る。
 何だか分かる気がする。

 釣り仲間の多くが アメブロに移行した。
 アメブロでは訪問者カウンターが無いとか??、カスタマイズすら出来ないとか??。
 自分をフォローしてくれる人は分かっても、訪問してくださる人の数を読めないのは
 ブログ管理者にとっては致命的だなぁーーー・   


 

2019/09/13

釣日記(831)海釣りの用意・サビキ仕掛け

 サビキ仕掛けを作ってます

 琵琶湖の小鮎釣りも8月一杯を持って終わりました。
 (一部の有料河川では9月一杯までは竿出し可能ですがーー)
 9月に入って 毎年恒例の、関東遠征のバケチンチン釣り釣行も終わりました。

 これからでも大アユ狙いで行こうと思えば、狙える場所も有るけど、
 例えば 三重県と和歌山県の県境を流れる熊野川(新宮川)や、エサ釣りで
 20cm~28cm位までの大アユが狙える福井県の川も有るのですが、今年の
 自分はパスーーー。

 これからの
 今からの自分は、神戸方面の岸壁釣りにシフトチェンジです。
 狙い物は沢山有ります。
  サビキ仕掛けで小あじ釣り、中サバ釣り、小鯛釣りなど~~
 ⁂ サビキで釣り上げた小あじなどの生き餌での、飲ませ釣り大物狙い
  太刀魚の夜釣り
 ⁂ 浅棚フカセの大チヌ狙い~~スズキ狙い
  アナゴの夜釣り
  例外的に 釣りでは無いけど、たも網でのカタクチイワシ掬い~~
   マイワシ掬いなど。
   (カタクチイワシやマイワシは食材確保と太刀魚の餌用に~~)
 などなど、色気の多い釣りが待ち受けて居るんだーーー。

 サビキ仕掛け作りの用意
 小物材料を揃える、>
 ハリス各種
P1060935.jpg
 針各種
P1060934.jpg
 ワンタッチフック ↓↓
 百均のダイソーで買います。10個入り100円+8%。
 釣具店で同じ物を買うと、値段は2倍から3倍くらいで売られていますね。
 赤丸内のフックはダイソーには有りませんのでーー。
P1060936.jpg
 特殊加工品
 辰自身が長年かかって編み出した代物で、30歳の年から使い続けています。
 波止釣りの狙い物はおろか 船釣でもハリスや針を大きくしたアミエビ撒き胴突き
 仕掛けのアジ、サバ、イサギ、冬の三重県鳥羽のメバル狙いなど。
 日本海・秋の船でのチダイ狙いでは、驚異的な釣果を発揮します。
P1060929.jpg
 収納台紙
P1060938.jpg
 仕掛け作り↓↓
 長方形に切った特殊加工品を縦に四つ折りにして、ハリ軸に縫い刺しです。
 P1060931.jpg
 縫い刺しの出来上がり ↓↓
P1060933.jpg
 仕掛け作りの全体図 ↓↓ (参考仕掛け図)。
 市販のサビキ仕掛けは 枝ハリスは短い目だが、自分仕掛けの枝ハリス
 長さは少し長い目です。今回は枝ハリス長さを4cmとしました。
P1060940.jpg
 収納台紙に仕掛けを収納する。
 台紙の窓に針を順番に引っかけ、台紙の切込みに糸を通します。
 釣りが終わって ハリスなどが傷んでなければ元の台紙に、使用前と同じ
 状態で収納します。(市販品では 元の状態に戻しにくいですねーー)
 「辰」作の収納台紙は段ボール紙で簡単に作れる、秀逸品と心得ます。
P1060937.jpg
 。。。。。。。。。。
 サビキ仕掛けで10cm程度のコアジなどを釣るなら、市販品で十分です。
 自分は
 市販品では物足らないので、こだわりのある仕掛けを作って居ます。

 11月後半から12月頃にかけて、水温も徐々に下がり始め、
 市販品では食い渋り始める頃からが 自称『サビキま専科』の 
 本格的な出番に成ります。

P1010426ようこちゃんサビキま専科
 ↑ ↑
 ようこちゃんは、釣りのお仲間宇治のTさんの
 奥様でいらっしゃいます。
 自分の釣りの仲間内で、サビキ仕掛けでは
 彼女の右に出る男連中はいまだ出て来ていません。
   
2019/09/11

釣日記(830)都会のウナギ釣り

 ウナギ釣り
 【R01年9月10日】
 エイトで太ミミズを買って、明るい内に現地に到着です。
 相棒さんは ブログ仲間の ”ボブさん”です。
 初めてウナギ釣りにチャレンジだとかーー。
 いつも行く所へ案内しました。
 足場はすこぶる快適です。
P1060921 モザイク
 明るい内に竿を3本ばかり用意します。
 ⁂ 竿・磯竿1.5号。リールに道糸5号、ジェット天秤10号~20号。ハリス30㎝一本針、カサゴ11号のハリ。
 ⁂ 自分も似たりよったりです。
 太ミミズの一匹刺しです。
  pm6時20分、そろそろ暗く成って来ます。
 自分も竿は3本です。

 全ての竿を投げ終えて、しばしのあいだは自分の腹を満たすことにーー。
 竿先を注視しながら夕食なんだなぁ~~~。
 
 6時40分頃、ボブさんがチビウナギを釣り上げました。
 続いて自分も ウナギーーーと思ったけど、名前不明の魚30㎝。↓↓ 即放流です。
P1060922.jpg
 今度はデカいチヌです。
 キビレです。43㎝くらいは有ります。
 受けタマなど用意していません。ゴボウ抜きも無理です。
 道糸を掴んでソリリそろりと引き上げましたーーとさ。
P1060923.jpg
 ボブさん 2匹目のウナギは良型で、よーく肥えて太いです。↓↓
P1060927.jpg
 今日の川の流れは
暗く成る頃はゆっくり下流に流れていて釣りやすかったけど
1時間もすると急に流れが早く成り オモリが止まりません。
根掛かりの連発です。
強調文流れ藻が道糸に絡みます。
プラスチックごみも流れて来ます。
 多分、上流の水門に溜まったゴミを流すために、水門を解放するのでしょう。

 コンチクショウと言いたい所ですが、文句の言う所を知りません。
  pm10時納竿・結果は
ワタクシ・ウナギボーズ。
ボブさん 小チヌ1匹にウナギ3匹。
  良かった良かったーー。